Posted in Blog, Our Achievement
by
Wednesday, 01 February 2017


Colombo Stock Exchange entered in to an agreement with OpenArc Systems for the implementation of total BI solution for Market Data Analytics, reporting and dissemination of dash board information to internal users, Listed Companies and Investors. OpenArc will be implementing the proposed system in stages and with the implementation of this new solution, all listed companies and investors will have a great opportunity to receive meaningful information dash boards through their mobile phones and tabs. In time to come all listed companies and investors will be able to subscribe for the information dash boards at a very nominal monthly fee.

Posted in Blog, Our Achievement
by
Monday, 28 November 2016

Prometric is the trusted test development and delivery provider to more than 400 organizations worldwide. Prometric operates a network of 8,000 test centers in 160 countries, making it easier for test takers to find a site near them. Test takers have a wide choice of dates and locations, which they can select.

OpenArc Prometric Centre is the only online test center in Sri Lanka, which is located in 2nd floor at OpenArc Technology Complex.
Read more : https://www.prometric.com

私たちは‘BIRD-on-Cloud’という新しい独自のソフトウェアをこの度大きな喜びと共に発表しました。この製品は比類ない、クラウド上において独自のビジネスインテリジェンス(BI)の解決策を実行します。数多くの代表となる企業を招き、‘オープンアルク CEO/CIO Meet-up’を3月2日にスリランカ勅許会計士協会で開催しました。BIRDは、ビジネスインテリジェンスのレポートや、データの視覚情報化の象徴で、私たちはインドのSriyamsoft社と、世界規模の製品とサービスをベースに北アメリカとアジア向けに販売促進活動を行っています。わが社は、スリランカでBIRDの販売業者として任命されています。

BIRDは最新製品で、実業界における次世代への情報課題を結集し、複数のデータソースの適合性、レポートの自動化、複数のデバイスサポート、弾性記憶データベース、予測分析、人工知能の最新テクノロジーを駆使してハイレベルの情報管理をリアルタイムで驚くほどの速さで提供できます。

わが社はBIツールにおいて、これまでにあった多くの難題を乗り越えてきています。BIRDは間違いなく、経済的価値観において最適な製品となるでしょう。複数のデータベースを使って様々な企業に、最も簡単でシンプルな実行を価格競争力と共に提供しています。現在のところ、企業ビジネスにおいて、ビジネスインテリジェンス(BI)を使用することが最良の事だと興味を示している多くの企業に対し提案をしています。将来的に見込みのある企業には、何らかの判断を下す前に概念実証を行う予定です。

もしご興味がありましたら、下記電話番号にてお問い合わせください。
Nadeep : +94 11 727852739 or Dinesh :+94 11 727775544

by
Monday, 11 January 2016

OpenArc is pleased to announce the opening of another OpenArc solution as “Robotics & Industrial Automation”, a new division to develop and deliver embedded software solutions in local and global embedded software industry. The new division has been formed in Kohuwala.

The opening of new division office was commenced last Monday according to Sri Lankan rituals and auspicious time by the chief guest Mr Daya Hettiarachchi, Chairman/CEO of OpenArc Group of Companies.

Mr. Vithanage Former Dean of University of Moratuwa (UoM), Directors of OpenArc group, members from senior management and OpenArc Software Engineers, Developers and Technical Specialists had been gathered in this opening ceremony.

New division consist of around 20 members from OpenArc Software house and the newly joined member from UoM. The divisional members officially started with their embedded software developments same day by the auspicious time.

Company expects to improve the member count to 60+ members and to form up an ‘Electronic Laboratory’ for further developments of OpenArc Solutions. The new division will be initiating their projects sooner with OpenArc Engineering and University of Moratuwa.

The main target of OpenArc by forming a new divisional office is to provide great solutions in automating local industries and innovating new electronic and smart devices for the benefit of mankind.

by
Monday, 09 November 2015

20151007_110200 20151007_135945 20151009_143258

オープンアルクは、2015年10月7日から9日に行われた、アジアでは最大級の情報通信関連展示会であるCEATEC JAPAN 2015に参加しました。

この展示会はJETRO(日本貿易振興機構)およびEDB(スリランカ輸出開発局)が主導となり、オープンアルクを含めたスリランカの現地IT企業6社も併せて代表団を結成し、スリランカブースを出展しました。

また、この展示会参加に先駆け、JETROにおいてスリランカセミナーが開催されました。訪日中の財務大臣Ravindra Sandresh Karunanayake氏やBOI長官Upul Jayasuriya氏も参列し、日本企業および投資家など約200人が参加しました。

さらに、JISA(情報サービス産業協会)やJUAS(日本情報システム・ユーザー協会)といった日本の団体ともミーティングを行い、日本におけるIT産業の実態の説明やスリランカのIT企業のビジネスチャンスの拡大についての活発な議論が行われました。

上記以外にも、インドや中国をはじめ世界的に事業展開している日本の企業などが、今後有望なアウトソース先としてスリランカに関心を寄せており、オープンアルクも複数の日本の企業との話し合いを進めております。

by
Tuesday, 13 October 2015
with comment off

オープンアルクのシャリアバンキングプロダクトであるシャーバンクが、2015年10月9日にコロンボのガラダーリホテルで行われた高名なNational Best Quality ICT Awards(NBQSA)において、メリット賞を受賞しました。シャーバンクは、サブプロダクトのIjarah、Murabahaそして通常のバンキングリーシングのカウンターパートとしてMudharaba、分割払い購入および預金プロダクトから各々構成されています。

賞を受賞後の受賞者。左から右へ。Navodya Wimalsooriya氏 (オープンアルクソフトウェア開発者)、 Dimuthu Chinthaka氏 (オープンアルクソフトウェア開発者)、Prabhath Nedurana氏 (オープンアルクソフトウェア – ゼネラルマネージャー)、Ishak Irfaath氏 (オープンアルクソフトウェア開発者)、Ruwan Amarasekara氏 (BCSスリランカセクション セクレタリー)、Lucy Ireland氏 (BCS Learning & Development社CEO代理)、Parakum Pathirana氏 (ISACA Sri Lanka Chapter代表)

Posted in Blog, News & Events
by
Tuesday, 13 October 2015
with comment off

オープンアルク スクール オブ ビジネス アンド テクノロジー(OSBT)は、BIT外部学位プログラムにおけるモラトゥワ大学(UOM)の唯一のパートナー組織です。OSBTは今年の初めからUOMのBITに初めの一団を送りました。この2014/2015の登録者は、第1学期において150名を超える生徒に対して開始されました。このUOMの訪問はオープンアルクキャンパスの機関環境を評価するために行われました。

Wickramasinghe博士(遠隔地ラーニングセンター 会長)、Ranga Dharmapriya博士およびモラトゥワ大学のその他2名の代表の4名から構成されている評価委員会は、9月にオープンアルクを訪問しました。

評価プログラム中、彼らは初めにオープンアルクの経営層とディスカッションを行いました。Daya Hettiarchchi氏(オープンアルクグループ CEO/会長)、Vijith Sinhabahu氏(OSBT取締役)、Dinesh Rodrigo氏(オープンアルクキャンパス COO)、K.D.R. Perera氏(オープンアルクキャンパス チーフアカデミックオフィサー)がディスカッションに参加しました。

ICT教育およびエンジニアリング、国内におけるトップランクの大学およびソフトウェア会社/アカデミーとしての責任、産業界の需要といった問題において、在校生および国益として全スリランカ人学生の改善に向けたいくつかの新たなステップを進めることに賛同しました。ITに基づいた基礎の提供および彼らのマインドセット(考え方)における本質的変化のための学生のガイドは、強調されたトピックスでした。

当社会長のHettiarachchi氏はBIT学位コースモジュールおよびシラバスも強化することにパネルも同意する様提案しました。対象となる変化は、現在の世界産業におけるトレンドおよび需要とともにローカルの学位保有者にふさわしくなるでしょう。組み込みソフトウェア開発およびエレクトロニクスが推奨される知識領域として提案されました。

ディスカッションの後、UOM代表者はオープンアルクキャンパスを訪問しました。彼らは、レクチャーシアター、コンピュータラボ、講堂、その他学生に提供される施設を含むオープンアルクキャンパスの静かで勉強に最適な環境を見て非常に満足しました。この評価チームは講師陣およびスタッフメンバーとも直接面談を行いました。学位プログラムの学生もまたこの評価中に面談されました。

結果、UOMはオープンアルクに書籍を提供することに同意しました。それによりオープンアルクの学生はオープンアルクの図書室およびオンライン図書サービスからそれらの学習パックおよびe-bookを参考にすることができるでしょう。

モラトゥワ大学とオープンアルクは社会的責任としてIT教育にベストを尽くします。このUOMの訪問により、私たちの国におけるICT学生の利益に向けた更なるパートナーシップが強化されました。

Posted in Blog, News & Events
by
Friday, 09 October 2015
with comment off

オープンアルクキャンパスはモラトゥワ大学により提供されるBIT学位プログラムへの、2015/2016年度に向けた在学生の入学者のための申込書を受け入れています。

モラトゥワ大学(UOM)は2006年から学習マネジメントシステムによりサポートされた外部学位プログラムとしてBIT学位を提供してきました。2015年以降、オープンアルク スクール オブ ビジネス アンド テクノロジーは、UOMの唯一のパートナー組織としてBIT学位講師に対しアカデミックな知識の提供のために、パートナーシップを有しています。

学位プログラムの期間は、6学期に渡る3年です。アドバンスレベルで3つのパス、オーディナリーレベルで数学のクレジットパスを取得した候補者がコースに登録可能です。SLIATE卒業証書保有者は、プログラムの2年目からフォローすることで、直接このコースに加わることができます。

オープンアルクにおいて初めての年度(2014/2015)には150名の登録がありました。オープンアルクは、2つのオプションの下、このコースを提供します。フルタイムおよびパートタイムクラス両方が、就業していないもしくは就業している学生の各々の要望に合わせるために行われます。

オープンアルクがフルタイムの学位コースプログラムを提供することは、UOMのBITの歴史において初めてです。このフルタイムBITコースへの参加者は、以下のようなメリットを得ます。

· 5日間の対面講義セッション
· プロジェクトなどによる産業露出
· 日本語トレーニング
· 保障された就業機会

講義は経験豊富な講師により行われます。この全プログラムはUOMにより統括されています。

登録締め切りは2015年10月31日です。www.codl.lkから申込用紙をダウンロードしてください。

さらに詳しい情報は、パートナー組織であるオープンアルクキャンパスwww.openarc.edu.lkにお問い合わせください。

お問い合わせをお待ちしております。

OpenArc School of Business and Technology,
OpenArc Technology Complex,
No. 120,
High-level Road,
Colombo 6.
Tel. 011 251 50 50 / 0727 22 33 00

by
Tuesday, 06 October 2015
with comment off

OpenArc is pleased to announce the establishment of OpenArc solutions as “Embedded & Factory Automation”, a new division to develop and deliver embedded software solutions in local and global Embedded software industry. The new division will be spearheaded by a specialist team consisting Japanese Embedded Software Engineers, who are joining OpenArc with many years of international experience in embedded software training.

With its premises in Colombo 6, OpenArc is one of the main players specialized in technical consulting, application development, training and support for Open Architecture Software on the Sri Lankan market
The enhanced capability extends OpenArc acclaimed reputation as a one of Leading Sri Lankan Software factory, Software Training Center & Academy established over the last 25 years.

The new Embedded Software Division has been formed in Kohuwala. More that 20 of OpenArc Software Engineers, Developers and Technical Specialists have been gathered to service in this new environment under the guidance of Japanese Consultants. The development teams are currently testing on ‘RASPBERRY PI & ARDUINO’ technologies and the current developments are based on Open Source Programming Languages such as ‘Python’ and ‘C’.

With rapid growth occurring in the embedded software market driven by mobile platforms and domain specific vertical applications, this announcement underlines the OpenArc’s intent to take a leadership role as a local supplier of embedded software and systems training servicing a wide range of applications for global markets.

by
Tuesday, 06 October 2015
with comment off

“NEXT- Today’s Dreams, Future Realities”

‘CETECH Japan’ is a Global Exhibition that is annually held in Japan. Presenting the achievements of advanced IT and electronics to the world, and offering society proposals for new products, services and contents are some of global objectives in this exhibition.

The exhibition has been commenced since year 2000. In this year the exhibition is themed under “Today’s Dreams, Future Reality”.

It’s a pleasure to announce that, being one of 6 participants from Sri Lanka, OpenArc Systems Management Pvt. Ltd. represents the mother land in this global event. With 25 years of excellence in local software industry, We expect this is going to be another opportunity to expand OpenArc solutions in global markets and to establish new business relationships with japan.

OpenArc is the only Sri Lankan Software Company that is having Japanese involvement. Our Japanese branch is already formed in Tokyo and the Embedded Software Division has been launched in Sri Lanka particularly aiming at Japanese market.

Let’s wish OpenArc “Great People, Great Solutions”, to make opportunities towards global achievements in CEATACH  Japan 2015.